× 閉じる

メニュー

× 閉じる

商品検索

村中甘泉堂 羽二重餅

  • イメージ
  • イメージ

越前の心が羽二重餅を生みました…
福井は絹織物のまちでした。
明治から昭和初期まで輸出生産、日本一だったのです。
その中でも最上級とされた、羽二重の薄く
滑らかな肌触りを、名実共に「羽二重餅」に活かしたのです。

■御菓子処甘泉堂のこだわり■

福井は豊富な伏流水と、きれいで冷たい地下水のおかげで、
うまみが凝縮したお米が取れます。
その中でも弊社で多く使用しているカグラ米と言う品種は、
とても蒸し上がりの風味が良く,おいしい香りが
あたり一面にただよいます。
そのカグラ米を主として使用し、100%北陸産と言うこだわりを
持っております。さらに2時間練り上げることできめこまかく、
しなやかですっきりした甘さの羽二重餅に仕上がります。

■羽二重餅の作り方■

まず、もち米を粉にしたものを蒸します。
その時のおいしい風味が北陸産もち米の良さですね。
蒸し上がったものに砂糖、水あめ等の甘味を加え
加熱しながらよくよく練り上げます。
ここで羽二重餅独特のこしのある、
なめらかなお餅に仕上がります。
それを絹織物の風合いを出すために、うす〜くのばします。
一晩寝かせておちついたものを、甘泉堂自慢の二枚重ねを
一包にした奉書折りにして出来上がりです。

【内容量】
1包2枚入 真空パック包装

【消費期限】
未開封 約3週間

  • 数量:
  • 配送: ※この商品は送料がかかります。